エクステリア職人の日々
エクステリア 外溝工事等、日々の仕事の状況日記

エクステリア 外構工事(大阪)

ヨドハウス 床なし
ヨドコウヨドハウスNの組み立て工事でした。
現場は滋賀県水口松尾です。
企業団地みたい大きな企業が沢山あります。
その一角です。今回は基礎が終わっている状態で上のみ組み立てです。
今回床なしです。
ブロック基礎内部は土間仕上げになっていました。
s-20090904084352.jpg

まず下枠をセットします。
ベースプレイとアンカーを固定します。
下枠をセットすると柱を取り付けます。
上枠に前工程で屋根ルーフのタイトフレームを付けた上枠を取り付けます。
その後パネルを取り付けていきます。
今回基礎が素晴らしくいい状態なのでパネルの取り付けてが綺麗に収まりそうです。
アンカー間の基礎の真ん中が高いときなどあり、そんなとこパネル間の隙間が綺麗に収まらないなど不具合が基礎の仕上がりで出たりします。
小窓を取り付ける位置が一番出やすいんです。
今回は苦労する調整いらずで良かったです。
パネル、小窓、掃き出し、ドアなどを取り付けます。
これらはお客様がレイアウトを決めてもらったとおり決まった場所にセットしていきます。
屋根を取り付けて屋根の化粧などを取り付けます。
樋を取り付けて屋根まわりを完成させます。
さて、内装です。
本来であれば床ですが床はありません。
s-20090904150624.jpg

したがって天井です。
その前に電気配線をします。
天井内にセットされます。

内装が終わり完成です。
s-20090904150612.jpg

s-20090904150645.jpg

s-20090904151543.jpg


D60 2日目

ヨドコウヨドハウスYHD60の工事2日目です。

今日は電気工事の業者が工事に入るとのことですので室内工事は電気屋さんが終わってからになります。

したがってテラスを取り付けることにしました。

柱なしタイプのテラスです。

取り付け位置がしっかり決まっているので結構ルールを守れば簡単に取り付けが簡単です。

骨組をします。

そのあとアクリル板を張ります。

出幅は1000mm程度のなので前側から取り付けが可能です。

あとは小物を取り付けてテラスは終了です。

2時間ほどかかりました。
s-20090609161827.jpg

さて、あとは室内の天井と巾木他で終わりですが・・・・

電気屋さんががんばってます。

結構ややこしい配線の取り出しのリクエストも・・・

2時間ほど手待ち状態です・・・

ようやく天井をはります。

今回まわり縁の下から配線をだすとのこと天井をカット!
s-20090609140405.jpg s-20090609135926.jpg

まわり縁にも穴を開けて取り付けてみました。
s-20090609143609.jpg

かなりすっきり!
s-20090609143621.jpg

モールであとは隠すようです。

この方法では天井を最後の面では無理ですね。できないことはないでしょうがちょっと無理がある。

あとは巾木を取り付けてました。

室内側カウンターの取り付けを最後にしました。

これがかなりの問題だらででした・・・

ヨド蔵用がサイズ的に問題ないんですが・・・

外側はさほど本題なく取り付けできました。

室内側では取り付け位置にビスが効かないとかで加工して取り付けしました。

結局夕方までかかってしまいました・・・

s-20090609161817.jpg
D60

ヨドコウヨドハウスYHD60の工事でした。

YHD60とは6畳です。

現場は大学校内です。

基礎は元請けさんがされていたので本体組立だけです。

s-20090608073633.jpg

今回、本体の他にオプションがたくさんありました。

パネルの差し替え程度はまったく問題ないです。

まず、テラス。土間。床下断熱。小窓シャッター2個、カウンターが外と中、庇です。

やはりテラスが一番時間かかります。

今回は2日予定しました。

まず、骨組をします。

s-20090608082434.jpg

パネルをレイアウトどおりにセットしていきます。

窓やらドア、電装の位置です。

今回掃き出しがなくなったので開口部が小さいのでパネルをほどほどにして屋根を取り付けました。

4隅のパネルを取り付けるときにタチ調整をして固定しときます。当然プラスマイナス”ゼロ”です。下げふりで確認するので”ゼロ”です、と言い切れます。

屋根を取り付けるとこのときに対角がわかります。

ん・・・今回ちょっと誤差があるかも・・・

パネルをすべて入れてみました。

屋根周りを終わらせようとおもいました。

まず、水上面戸、コーキングのもしっかりします。

樋の取り付けです。

ケラバを取り付けました。

s-20090608123620.jpg

鼻かくしを取り付けてます。

おおかた屋根は終わりです。

室内の工事にかかります。

まず、大引き。

根太。

土間をセットします。

床下断熱材を根太の間にセットしていきます。

s-20090608142409.jpg

床をはります。

ん・・・やはり対角が若干誤差があります。

それほどひどくないので床材の加工は今回必要なさそうです。

床鳴りの原因がこのへんにひそんでます。

床をどんどんはります。

土間の部分はカットします。

できるかり少なくカットします。

このへんが経験による不具合?不都合?ちょっとしたこだわりがあるんですよね。

床が終わりオプションのシャッターを取り付けました。

2個取り付けです。

s-20090608183425.jpg

1日めはこのへんで終わりました。

ヨドハウスN60

淀川製鋼所 ヨドコウ ヨドハウスN YHN-60の組立工事でした。

現場は基礎なしです。

ブロックを点置きで乗せるだけの方法です。

そう、物置と同じような方法での工事です。

設置場所はバルコニーがあるんですが、柱が切り縮められていました。
s-20090403091215.jpg

そして、家にできるだけくっつける場所に設置するよう指示を受けてます。

家の窓とハウスの掃き出しをくっつけて出入りできるようにするようです。

以前にもこのようなパターンで工事したことがあるのでそんなに危機感はかんじませんでした。

そう、アルミサッシが入る分のスペースが必要なんです。

床のレベルを合わせるとなるとかなりブロックを積み上げなければならなかったんですが それは回避できました。

でも、レベル高低差は最大100mm程度あったのでかなり大変でした。

ハウスなのでレベル調整にはかなり慎重に行わなくてなりません。

そう。垂直とか水平もかなり大切ですが床鳴りの原因のこのレベル調整にひそんでます。

束とかで結構ふわふわすることがありますよね。

ものすごく慎重にレベル調整をしました。

下枠をおきました。

対角もゼロにします。


床は貼れなくなりますから。

しっかり対角を確認してから柱を建てました。

そして上枠。

パネルをセットしていきました。

エアコンパネル、コンセントパネル、換気扇パネル、小窓、掃き出しなどお客様のご希望の位置にパネルをセットしていきます。
s-20090403120402.jpg s-20090403164732.jpg

今回大きな問題があるんです。

パネルをすべて入れると出入りが窓からしかできなくなるということです。

掃きだしが家と隣接、ドアがないんです。

ん・・・側など2か所ほど、開けることにしました。

屋根はパネルを数枚セットしてから屋根はりをしました。

内部から持ち上げて貼るには狭い。

そして、バルコニーがある。バルコニーは1200mm程度ある。

そして、もう片方はカーポート・・・カーポートもハウスが当たるので屋根を切りました。

しかもぎりぎりしか切らしてもらえません。

実際のところ2,3mm程度しか完成してたら確認したらなかったです。

ケラバ取り付けが大変でしたね。

本来上からかぶせるんですが当然無理。

スライドです。

少々強引ですがスライドでしか無理でした。

梱包にひっついてくる油紙で傷を着かないようにしてました。
s-20090404104649.jpg

屋根はりはかなりきつかったですね。

バルコニーの所が大変でした。

断熱材に傷をつけないようにするのが苦労しました。

なんとか張ることができましたが。

とりあえず、屋根まわりを完成さすことにしました。

まず、苦労したケラバです。前に水上面戸を取り付け前鼻かくしです。

後ろ樋と一体の鼻かくしを取り付けてます。

縦といを取り付けて屋根回りが完成ですね。

コーキングも慎重に考えて施します。考えることでもないか・・・

ようやく屋根回りが完成しました。

出入りしていたパネルの空きにパネルをセットします。

これで出入りは小窓からになりました。

パネルをすべて装着しました。

床工事ですね。

大引きを小窓から引き込みました。

大引きをセット、束です。

束をかなり慎重にセットしました。

床鳴りの原因ですから。

根太をとりつけます。

すべて根太を取り付けてぐあぐあするか乗って確認します。

確認後、床はりですね

今回オプションのプリント合板です。

間口方向に長い1枚ものです。

床を張る前、家側の掃き出しサッシをほりんでおきました。

ぎりぎりだと内部からの取り付けが無理でした。

したがって家との間を前からスライドさせて位置に持っていき装着ができました。
s-20090403120422.jpg s-20090403120446.jpg s-20090403140451.jpg s-20090403164516.jpg

だから床は掃き出しのとりついている場所からでないど最後の床は取り付けできないのです。

このような場合のあり経験が重要になってきます。

床を順番に1枚づつはりました。

目隠し釘ではりはじめ、終わりを打ちます。

再度確認・・・・床鳴り・・・ってこの時点で確認しても、もう床下にもぐることが・・・

今回はできますね。ブロック点置きですから。

ん・・・無理ですね、150mmほどしか隙間がない!

床、問題なしだったので床の養生をして、天井を取り付ける用意ですね。

天井を取り付ける枠をとりつけます。

天井は木製のパネルです。結構大きいんです。

それを順番に取り付けていきます。

すべて取り付けると天井押さえなるもので落ちないようになります。

プラスチック製の廻り縁ととりつけます。

コーナーの化粧を取り付けます。

床も巾木を取り付けます。

アルミサッシ枠を組立本体にほりこみます。

オプションのカーテンレールを2か所小窓に取り付けました。

換気扇パネルに換気扇を取り付けました。

換気扇はオプションではありません。標準装備でもありません。

今回買ってきたんです。

取り付けとほしいとのことでしたので。

これでようやく完成です。
s-20090404104709.jpg

結構手間暇かかってます。

仕上がりにも満足できる出来栄えです。

ハウス工事は標準工事以外にたくさんの経験がいかされたところがいたるところにあります。

予算とか指示があればボンドコークなどしたいんですね・・・・

結構時間がかかりました。11時間ほどかかりました。

s-20090404104623.jpg s-20090403174742.jpg

▼ 商品の詳しいご案内はこちら
ヨドハウスN

YHN60

淀川製鋼所 ヨドコウ ヨドハウスYHN60 6畳のハウス工事です。

奈良の帝塚山で事務所から30分くらいの近いとろこでした。

現場近くに着くと材料を積んだトラックが待機中、とりあえず現場を探しに行きました。

8時になったので材料を積んだトラックを呼んで荷降ろし。玄関から設置場所まで大きく迂回しなくてはなりませんでした。

トラックを壁いっぱいに着けてフェンスを越して搬入。

基礎です。現場でしていただいておりました。
s-20080802090326.jpg

作業開始です。

アンカーも今日もぴったり、最近ついてます!

まず、桁に折板の取り付けフレームを取り付け。これは必ずヨドコウの折板を使う商品では1番に取り付けです。

柱、桁、梁を取り付け壁ですね。

ここでドアとか窓、電装壁とかをお客様のご要望どおりに取り付けていきます。

左から右に取り付けしていきます。

たまにあるのですが、壁を全部入れてからレイアウト変更は壁1面外すということがたまにあります。

そして屋根取り付けですね。壁に気をつけて屋根を取り付けます。

YHNの屋根周りの部品取り付けは比較的に容易に思います。

樋を付けて屋根は完了。

ルーフテックなどの取りつけで切粉がこんなにでます、磁石でとります。これを掃除しないともらい錆で本体屋根が錆る可能性が高くなります。ヨドコウの折板は錆が移りにくいんですが、清掃は当然。 s-20080802160801.jpg

その後室内です。

大引き、根太ととりつけて午前中いっぱいです。

午後から床断熱材を取り付けです。大引きに根太ボンドをつけてみました。標準工事ではないのですが床なりの原因となることがあるので念のために塗りました。

床を張り、電気配線、天井です。内装は結構手間と時間がかかります。

5時に片付けを終わり完了しました。
s-20080802165840.jpg

今日は先日の4.5畳と時間は変わりませんでした。手間は壁2枚屋根1枚、床1枚違うだけですからね。

今日はとても暑かった、3時の休憩では氷を買いに行きました。体が冷えて楽になります。

枚方駅と枚方公園の途中にある氷屋のレモン・・・なんちゃら・・・癖になってます。!

日曜はお休み、子が熱だして家でおとなしくしてます。

copyright © 2005 エクステリア職人の日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:近畿 / エクステリア / 大阪 / ガレージ
カリモク家具 セール / シモンズベッド セール